カメラ撮影にはまって、行動範囲が増えた

PR| 銀塩カメラ.com|

中高年の私にとって、使いこなすにあたって意外と戸惑ってしまったものといえばデジタルカメラです。

非常に機械音痴な性格ということもあって、細かい機能を上手く使いこなすことが出来ず、マニュアルのモードでうまく写真を撮ろうとしてもよくわからないので、いつもオートマチックのモードで撮影を行い、もっぱらシャッターボタンを押すといった形でカメラを使ってます。

デジカメは昔と比べてみるとかなり軽量化していたり、高画質になっていたりと、年々性能が段々と進化していくところが素晴らしいと思います。

結構個性的なデザインやカラーのデジカメもたくさんありますし、私は赤が大好きなので、レッドのカラーのデジカメを愛用しています。

デジタルカメラといえば高い印象があったのですが、最近は全くそんなことはなくて、たった一万円程度支払うだけであっても非常に性能の良いカメラが買える時代になっています。

車を購入してよく近所の夜景スポットとか見に行くようになってたんですが、ドライブをしてると穴場というか誰もしらないようなキレイな夜景とかも、画像に収めました。

慣れてる人は上手なんだと思うんですけど、何しろ初めてだとちょっとした手ブレとかでも影響をしてしまいますし、手ブレ補正機能がついていても納得いく写真にはならないことがよくありました。

この時に三脚って便利だな〜とも知りました。

最初は夜景だけだったんですが、夜景=見晴らしの良い場所ってことで景色とかもいいんですよね。

そのうち明るい時間帯からもドライブをするようになり、風景の撮影とかもハマリだしました。

そうこうしてると、少し離れた場所でも花火大会なら行ってみたい、撮影してみたいな〜と思うようになり、今まで遠いからと行かなかった他府県の花火大会や地方の花火大会にも日程が合えば行くようになりました。

とはいえ、花火の写真って結構難しいんですよね。

いつ撮影するかのタイミングも難しくて、プロや撮影慣れしてる方は花火が大きく開いた決定的瞬間の写真を撮られてますが、なかなかああはいかないんです。

今だ!と思って撮ったら、まだ全開に開いていなかったり、逆に遅すぎたりって感じです。

あと花火を観るのと撮影するのとでは、撮影場所の取りかたもかわってくる気がします。

今までは近くまで行って見上げるように花火を見れればいいやって思って特に場所取りとか考えてなかったんですが、撮影となると花火すべてが画面内にきれいに収まって欲しい、こう考えると今までとは違った場所の考え方も必要になってきて、奥が深いんだな〜と感じました。

結局カメラが、あまり遠出とかしなかった出不精な私を、数百km離れたイベント会場まで自分の意思で行く、そんな自分に変わらせてくれたきっかけをくれ、感謝しています。

<特別サポート>住宅リフォーム相互リンク集|内職アルバイト探し.com|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|アフィリエイト相互リンク|お小遣いNET|JALカード|ページランク|サイトの新規登録106|サイドビジネス|家計見直しクラブ|健康マニアによる無病ライフ|GetMoney|検索エンジン SEO-AQUA|FXシストレ|V20|